マッサージと整体院の違い

部分的なマッサージには行ったことあるけど、整体院でしっかり身体全体をみてもらったことはないな・・という方も多いのではないでしょうか?

このページでは、施術内容やその効果、資格などにおいてマッサージと整体院の施術の違いをご説明いたします。

整体院の特徴1.施術内容について

施術者が全身を使い、身体を揉みほぐします。

骨盤の矯正、首や背骨の矯正などを行い、全身を整えます。

マッサージでは・・・

施術者は、手のひらや指を使い、摩擦、または圧を加えます(直接皮膚に触れることもあります)

整体院の特徴2.施術効果・持続性について

腰痛、頭痛、肩こり、膝の痛み、自律神経の乱れなどが改善されます。レントゲンなどでは確認できないような「痛みの症状の根源」を探し、改善していきます。持続性はその方の生活習慣にもよりますが、無理をしなければ、数カ月単位で持続する場合が多いです。

マッサージでは・・

身体を柔らかくする、疲労回復、血行促進、ストレスの緩和など、リラックス効果が期待されます。持続性については、その方のお疲れ具合などによります。

整体院の特徴3.検査やカウンセリングについて

痛みの根源を探すため、症状別で検査を行います。腰痛でしたら、骨盤の歪みが原因の場合もあり、背骨の歪みや歩き方に原因があることもあります。どういう動作をすると痛いのか、どこまで曲げると痛いのか・・など、細かいカウンセリングとお身体に触れて確認する検査などしっかり行います。

マッサージでは・・・

簡単なカウンセリング後、痛いところやその周辺の筋肉がどれくらい硬くなっているか、などお身体に触れて検査を行います。

整体院の特徴4.資格について

柔道整復師資格(国家資格)

整体師認定資格(民間資格)

マッサージでは・・・

なし

または、民間資格

店舗での実地研修のみ・・など