産後の尾てい骨痛は、多い症状のひとつです。

こんにちは。和光市のしらこ3丁目整体院の金子です。今日は冷たい雨ですね。本日ご予約のお客さま、足元気を付けてお越しください。雨の中、赤ちゃん連れてのご来店は大変ですが、本日スタッフ2名体制で、しっかり施術させていただきます(^^)

さて、本日は産後ママに多い、尾てい骨痛についてお話させていただきます。今まで尾てい骨なんて、痛くなったことはなかったのに、産後痛くなった!、座ると痛い・・仰向けで寝ると痛い・・車を運転中痛みを感じる・・痛くて自転車に乗れない・・などなど、尾てい骨の不調を抱えて来院されるママさんは多いです。妊娠出産により、全身の靭帯が緩みます。骨盤を支える靭帯や筋肉も、元に戻るのに時間がかかります。それにより、尾てい骨があたる感じがして、痛みを生じる場合や、骨盤の歪みからくる場合もございます。当院での尾てい骨痛の治療は、骨盤調整と電器治療(高周波治療)です。あと、生活習慣のアドバイスや自宅でできる簡単なストレッチも取り入れていただきます。骨盤が整ってくると、徐々に尾てい骨痛も和らいでくるお客さまがほとんどです。しかし、骨盤が整っても、まだ痛みが続くお客さまもいらっしゃいます。その場合、尾てい骨の周りの筋肉が炎症を起こしていたり、時にはヒビが入っていたり・・という可能性もありますので、整形外科でレントゲンをとることをお勧めしております。炎症を起こしている場合は、座るときドーナツクッションなどを使い、刺激を最大限に抑える、寝るときは仰向けではなく、横向きで寝るなどで、炎症が治まるのを待ちます。無理な姿勢での授乳など、なるべく避けて、ゆったりとストレス溜めずに過ごしましょう。産後ママはお身体の不調に敏感になる方も多く、一度痛みが出るとそればかりが気になり、気分が落ち込みやすくなる場合もあります。尾てい骨だけでなく、痛いところに刺激を与えないよう工夫して、赤ちゃんとゆっくり過ごすことが大切ですね。

産後の痛みでお悩みのママさんは、無理なさらず当院にご相談くださいね。