冷えとギックリ腰、まず何をすればいい?

こんにちは。和光市しらこ3丁目整体院の金子です。本日の予約が終了して、ホッと一息です(^o^)朝から喉の調子が悪く、時折、咳が出ながらの施術となり、お客様にはご迷惑おかけいたしましたm(_ _)m

本日は朝一番、男性の飛び込みのお客様からの施術でスタートしました。ソロリソロリと歩いて来られ、とてもひどいギックリ腰でした。男性のお客様は、日曜日の夕方だけということをお伝えしたところ、どうしても見ていただきたいと懇願され、予約が入っているまでの30分だけの施術でしたら…ということで、施術させて頂きました。

お体に触れると、腰のからお尻にかけて、ガチガチの状態でした。かわいそう(TT)高周波の電器と治療と下半身集中のほぐし、骨盤の調整で30分後、人間らしく、腰が柔らかさを取り戻しました。まだ痛みは残ってるようでしたが、これで安静にしていただけるように、お願いしました。

いきなりやってくるギックリ腰、経験のある方も多いと思います。ある朝、突然起き上がれないほどの痛みでびっくりすることもあります。そんなときは、どうしたらよいでしょうか?無理やりがんばって、起き上がろうとしても痛みは増すばかりです。しばらく横向きになり、深く呼吸しながら安静にしましょう。少しずつ体をずらしながら、起き上がれるようになったら、ゆっくりと起きてみます。椅子に座ったままでも、立ち上がった状態でもどちらでもいいので、太ももの側面をご自分のこぶしで、膝のあたりから、クルクルと揉みあげます。下から上へ、両足何度もやりましょう。そうすると、少し腰の痛みが和らぎます。歩けるようになりましたら、治療院などで適切な処置を受けましょう。多くのギックリ腰の場合は、2日程で症状が軽くなりますが、長引くようなら、整形外科でレントゲンやMRIを撮る必要があります。骨に何らかの異常やヘルニアなどの可能性も考えられます。

骨盤の歪みが原因で、ギックリ腰を起こすこともあります。痛みが取れたら、その後はしっかりと骨盤矯正をしたほうが良いでしょう。いずれにしても日々のお身体のメンテナンスは、とても大事です。日頃から、ご自分のお身体に注意してげてください。ドカンと痛みがきてからでは、遅いです!寒さもまだ続きます。適度にお身体を動かしながら、元気に過ごしましょう★